クライアント様との対談レポートを公開 第7弾!!

弊社社員が長年対応しているクライアント様(川崎重工業 生産技術部 部品技術課)の担当者に弊社についてのお話を伺ったので一部を掲載しました。

 

―1.部署の紹介をお願いします。

【川崎重工業 生産技術部 部品技術課 山本副部長】

部品技術課は、航空機、宇宙機器等の部品を製造するための工程、治工具、設備などの計画、実行フォローを担当しています。加工分野により、機械、板金、ボンディング、化学処理の4グループに分かれています。

 

―2.ナスカ社員の業務内容について紹介をお願いします。

機械2名、板金3名、ボンディング1名が各グループで、工程計画、または設備計画の業務に携わっています。
工程計画では、設計部門との図面に関する調整、製造部門、治工具部門への指示書の作成、及び製造現場への立会いなどを実施しています。
設備計画では、工場レイアウトの検討、設備の仕様検討、設備据付の支援、設備使用に向けた加工試験の計画・実施などを関係部署と調整しながら進めています。

 

―3.貴課とナスカの歴史を教えてください。

約15年前、エンブラエル社との共同開発において人員追加が必要となった折に派遣頂き、それ以降継続して派遣頂いています。

 

―4.ナスカ社員に対するイメージはどのようなものですか。

若い・真面目・一生懸命、少し控えめで実直、問題点に自分で考え対応できます。
身だしなみや電話対応など社会人としてのマナーの基礎が身についてます。

 

―5.ナスカ社員に対する評価を教えてください。

常に責任感を持って仕事にあたってくれています。
ある程度在籍期間が長い人については、専門知識も増え、関連部署からの信頼も得られていると感じています。今では中堅的な役割を果たしてもらっており、なくてはならない存在となっています。

 

―6.増員時にナスカを選んだ理由を教えてください。

若く、やる気のありそうな人材を紹介して頂いています。
また、CATIA教育を始め、御社での教育を積極的に実施されています。
加えて言えば、当方への接触頻度が多かったことから、増員のタイミングにタイムリーに応えて頂きました。

 

―7.業務以外(宴会等)のナスカ社員とつながりはありますか。

歓送迎会などの宴会にはたいてい出席してくれており、参加率が高いと思います。その他にも、職場有志で出場しているリレーマラソンへの参加や、グライダーやサッカーなどの会社関連倶楽部でも交流があります。

 

―8.今後ナスカに期待することがございましたら、教えてください。

一般的な製造技術/CAD操作/図面の見方・書き方などについて、御社での教育をさらに充実して頂ける事を希望します。
また、業務と直接的には関わらない周辺知識として、英語力の向上や文章作成能力の向上のための教育も充実して頂けると助かります。

 

20161115_125808_002 森基幹職とナスカ社員

20161115_130020_003 安達基幹職とナスカ社員

20161115_130328_004 矢野基幹職とナスカ社員

 

川崎重工株式会社 山本副部長、森基幹職、安達基幹職、矢野基幹職とナスカ社員↓

menu